経営理念

目指す会社

頼りにされる、活気溢れる不動産会社

経営理念

誠実な取引・地域の活性化・自己の成長。

  1. 誠実な取引
    お客様の立場になり、お客様が一番のメリットを感じる取引。
    メリットの定義:お客様が心から「本当にありがとう」と言って頂けたら、誠実な取引である。
  2. 地域の活性化
    福松の社員が取引を成立させる事が、住宅が増え、商業施設が増える事につながる。
    そして、人の流れが活発化し、栄える事をさす。
  3. 自己の成長
    コミュニケーションを頂ける人間。頼りにされる人間になる。
    そこを目指してお客様の為に動く事が、社員の人間力向上につながり、どこに出ても自信を持って生きる事が出来る人間に成る。

経営方針

活気溢れる会社をめざし、自信を持って人の為に動ける人間集団をつくる。

お客様は、福松のファンであり、利益はお客様からの採点であり評価であるとし、結果を重要視する。

社員は仲間であり、ライバルであり、兄弟であること。

福松はお客様と社員の出会いの場である。経営者は社員を管理するのではなく、働きやすい環境を作り出すことで、社員を支援する。